一年365日 京日和 Ⅱ

yoimachi09.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夏色 - 京都御苑 とんぼ池

a0114714_21413672.jpg

たった3日間だけの公開となったトンボ池。
自然を見る目になっていないので、自力ではカエルを探し当てられず…
ついつい同じ場所に止まっている、シオカラトンボばかり撮っておりました。
めったに使わなくなったマクロを久しぶりに出してみたら、なにやら不具合が…
直しに出すべきか、諦めるか…迷ってる今日この頃です。

<2013.8.3 くもり>
[PR]
by machizuki09 | 2013-08-04 21:49 | 京都御苑

夏色 - 駒井家住宅

a0114714_18313234.jpg

祇園祭で後回しになっていた駒井家住宅です。
夏休み休館の前日になって滑り込みで行って来ました。

駒井家住宅は、京都帝京大学理学部教授だった駒井卓博士の住居で、
親交のあったヴォーリーズによって、昭和2年に建てられました。
駒井教授の奥様の意見はもちろん、北白川という立地まで
事細かく計算尽くされて設計されています。

窓のアーチであるとか、階段の段差の低さ、曲線…
とても女性的で住む人に安らぎを与えてくれる…そんな建築だと思いました。
窓がたくさんあって、どこからも庭が望め、緑と光、そして風を感じることができます。








a0114714_18313811.jpg

奥様の静江さんがアメリカから輸入したという本棚やテーブル。
こんなに長く大切に使われていることに驚きます。
この本棚、とてもおしゃれだと思いました。
一面の半分しか本が入らなくて、それが四面。
くるくる回せるように脚にコマがついていました。








a0114714_183143100.jpg

台所の横、庭に通じる扉ですが、閉めると丸窓になっています。
階段横の窓には黄色の色ガラス。
西に面した窓から西日が入ると、その光で階段がオレンジの光で照らされるそう。
西日なんて暑くて嫌なだけ!と、この季節は特にそう思っていた私ですが、
すべての物を愛おしく思える気持ちに、軽いショックを受けました(汗)







a0114714_1831531.jpg

トイレにも優美な窓。
驚くのは鏡を開けると収納ボックスになっていること。
昭和2年にこの発想。
そしてびっくりなのが、ここが二階だということ。
照明器具も当時のまま。
波と千鳥







a0114714_18315818.jpg

普段使いのドアノブは透明ガラス
来客用には紫色のドアノブ
窓は網戸との二重窓






a0114714_18321495.jpg

玄関脇にはノウゼンカズラ







a0114714_18322153.jpg

リビングに通じるドア
ここのダイニングテーブルはなかなか合理的で、大人数が集まるときは伸びるんです。
大改造!!劇的ビフォーアフターの原点はここだった??
葡萄のツルもおしゃれです。







a0114714_18322823.jpg

庭から入るドアノブが、ほんのり紫色なのがご覧いただけますか?








a0114714_1832354.jpg

天井から床まである窓
景色を遮るものがなくて爽快です。
座らせていただいたロッキングチェアー
肘掛部分が思いのほか広くて、とてもゆったりと座り心地良かったです。
大きな杉
当時の主が居なくなった今も、ずっとこの家を見守っているのでしょう。

駒井卓教授と言われてもピンとこない方が多いと思いますが、
「三毛猫はほとんどメスしかいない」という学説を唱えた方だそうですよ。


<2013.7.12>
[PR]
by machizuki09 | 2013-08-01 18:32 | その他
line

The key to success is starting and not stopping.わかっちゃいるけどそれがなかなか難しい…


by machizuki09
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite