一年365日 京日和 Ⅱ

yoimachi09.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

紅葉 - 金蔵寺

a0114714_23225367.jpg

金蔵寺は大原野の小塩山の中腹にあります。
それはそれは狭くて長い急カーブを幾度となく曲がり、ずんずんと紅葉する山の中へ分け入っていきます。
近くにある善峰寺同様 応仁の乱で灰と化したお寺を桂昌院が復興させました。
7時過ぎに到着、気温6℃ 寒い寒い。 空気がピンと張り詰めて、初冬の雰囲気でした。
苔むした石段には、散ったばかりのもみじが柔らかな曲線を描いていました。







a0114714_23225844.jpg

「8時開門」とは書いてあるけれど、門が閉まってるわけでなく、人の気配もありません。
しんとして、ちょっと怖いくらいでした。
石段はずいぶんと落ちた紅葉で、赤と黄色に染まっていました。







a0114714_2323373.jpg

春には綺麗な花をつけたでしょう枝垂れ桜も、今はすっかり葉を落として、
艶やかな楓に主役を譲っていました。
手水場の屋根の下に吊るし柿。
食用なのか、それとも鑑賞用なのか…







a0114714_2323771.jpg








a0114714_23231257.jpg

本堂までくるとお経を上げる声が朗々と響き渡ってきました。
お参りしてから、お堂の中をそっとのぞいてみましたが、灯りもなければ、人の気配もなし…
真っ暗闇。。。。ぞぞっ
どういう意図なのかわかりませんが、テープを流しているのでしょうね。
なんだかとても不思議な空間にいるような気がしました。







a0114714_2323172.jpg

真っ赤な敷き紅葉


金蔵寺へのアクセスですが、近くにある善峰寺は観光客も多くて、それなりにバスも便利に出来ていますが、
金蔵寺はそれらから隔絶されたような場所にあります。
最寄のバス停からは一時間以上歩かないと行けないようですし、車も離合が困難な箇所がたくさんあります。
人気スポットにでもなって車が押し寄せることになったら、最初に入った車はまず出られないでしょう。
私が行った後に何人か来られましたが、みなさんバイクのようでした。

「春にもう一回来たいって言うても、おれイヤやわ」とは主人の弁でした。

<2012.11.24>
[PR]
by machizuki09 | 2012-11-30 00:09 | 金蔵寺

紅葉 -愛宕念仏寺~平野屋

a0114714_2361124.jpg

境内の千二百羅漢と紅葉のコラボが撮りたくて一番のり!と意気揚々。
のつもりだったのですが、なんと拝観前から先客が…
スチール写真の撮影現場に出くわしてしまいました。
聞けば40分ほどかかるとのこと。
こうなったら、終わるのを待つしかありません。
明け方まで雨が残り、どうなるかと思っていましたが、
序々に陽が射し始め、透過光で見る紅葉の綺麗なことと言ったら眩いばかり。
やきもきしながら待っていると、きっちり40分で撤収されていきました。
大急ぎで2,3枚撮ったところへ、きょうの三番手さんがぞろぞろと…
それでもなんとか、かろうじて撮れて一安心。
すぐに陽は高くなり、光線越しの紅葉は見られなくなりました。








a0114714_2361924.jpg

苔むした羅漢さんにも陽がさして、神々しくもあり。







a0114714_2364698.jpg

鮮やかな紅葉を背負うように、あちらも…







a0114714_2365015.jpg

こちらも…








a0114714_237028.jpg

そして、ここにも…








a0114714_2372939.jpg

みんな 同じように…








a0114714_2371122.jpg

なかなか去りがたくて、いつものように振り返り 振り返り







a0114714_2371673.jpg








a0114714_2373363.jpg

念仏寺から歩いて平野屋まで。
真っ赤に色付いた楓から、すこし散り始めのものまで色々。
初めて行きましたが、なかなか良い雰囲気ですね。
ただバス通りのガードレールを超え、崖っぷちに立ちながら撮ってる姿は、
あまりかっこいいとは言えませんが…








a0114714_2374630.jpg









a0114714_2374848.jpg


<2012.11.21撮影>
[PR]
by machizuki09 | 2012-11-27 15:42 | 愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)

紅葉 - 金閣寺

a0114714_053920.jpg

紅葉の金閣寺は、日の丸構図がどうのこうのと選り好みをしてる場合ではないほどの混みようでした。
紅葉と金閣をからめて撮りたい!という気持ちは、洋の東西を問わず皆さん同じ。
何枚か撮って振り向いたら、長い行列が出来ていました。
頭をさげつつ、また最後尾に並んだりして…
絵に描いたような美しさでした。







a0114714_0121340.jpg

天気はさほど良くなく、ときおり陽が射すくらい。
曇り空の下で見てもまぶしいくらいの紅葉が、池の端に続いていました。
自然てすごいものですね。







a0114714_012717.jpg

人が途切れることはありません。
誰が見ても金閣はやっぱり「びゅ~てぃふぅ~」なのでしょう。







a0114714_01255100.jpg

少し山を登り、金閣の後ろに出てきました。
ここを過ぎると、もう姿は見ることが出来ないので、ここでも盛んにシャッターを押してられました。








a0114714_0123865.jpg

どこもかしこも紅葉真っ盛り。
燃え立つような木々に圧倒されるばかり。







a0114714_0131641.jpg

綺麗に出来すぎていて、まるでジオラマみたいです。
今度は黄葉の下で。

<撮影日 2012.11.20>
[PR]
by machizuki09 | 2012-11-22 00:42 | 金閣寺

紅葉 - 京都御苑

a0114714_15102591.jpg

今朝この冬一番の冷え込みだったそうですが、
昼間はとても暖かく、久しぶりに晴れわたった空に気分も軽やかになりました。
陽のよくあたる芝生では、幼稚園児がシートを広げてお弁当かな?








a0114714_1511682.jpg

梅林の真ん中にある大きな木
黄緑色にそまった大木の下で、ぐるぐる駆けっこ。
のびのびと気持ち良さげです。








a0114714_15103967.jpg

御苑内 白雲神社
イチョウの黄色く染まった落ち葉を見つけて、園児達が駆け寄ってきました。
両手いっぱいの落ち葉をかき集めては、頭上へ放り投げます。
その無邪気さに、なぜか目頭が熱くなって… 
あぁ かわいい かわいい。







a0114714_15111759.jpg

真っ赤に色付いたもみじ。青空に向かって手を広げるように。
ここでも遠くから園児の歓声が聞こえてきます。








a0114714_15104877.jpg

学習院跡にあるイチョウの大木
中央下に見えるオレンジ色の木は、枯れて倒れたクロマツに自生した桜です。
今は紅葉してきらきらと。
[PR]
by machizuki09 | 2012-11-19 21:17 | 京都御苑

紅葉 - 宝泉院

a0114714_22514878.jpg

初めて宝泉院におじゃましたのが8年前の秋口でした。
雨でしっとりぬれて、そのお庭の美しかったこと。それ以来、機会があるとおじゃまするお寺です。
今回、やっと念願叶って宝泉院の紅葉を見ることが出来ました。
三千院同様、朝のお勤めのお経が唱えられるなか、シャッター音を響かせるのはためらわれたのですが…
何本もの柱間に見る色付いたお庭、ほんとに芸術ですね。
美しいのひとことです。








a0114714_22521112.jpg

けっこうな雨脚だったので、光輝く紅葉とはいきませんが、ずっとずっと見たかった景色です。








a0114714_225216.jpg

圧倒的存在感のある五葉の松ともみじのコラボ。
ここから見る景色は絶景です。







a0114714_22522571.jpg

朝からたくさんの方が総出でお掃除。
そうやって、お庭が守られるのですね。







a0114714_22521856.jpg

この日は時間的に余裕がなく、三千院も飛ぶように出て来ましたが、ここに居たのもほんのわずか。
お部屋のあちこちに座り直し、ほんとに立ち去り難く…








a0114714_22524098.jpg

五葉の松も外から見ると、意外と思うほどこんもりと茂っています。

<2012.11.15 降ったり止んだり>

 
[PR]
by machizuki09 | 2012-11-17 14:36 | 宝泉院

紅葉 - 三千院

a0114714_23192797.jpg

つい1ヶ月まえまでは、ほとんど緑で、一枝の先だけ染まってるという状態でしたけど、
今朝行くと、もう紅葉も真っ盛り。 例年より少し早いと聞きましたが、その通りのようです。
三千院の紅葉は、真っ赤というより、オレンジが主のような気がします。
混雑前のほんのわずか、静かな聚碧園(しゅうへきえん)







a0114714_2319329.jpg

聚碧園を別角度から。
昨日から気温がぐっと下がり大風も吹き、きょうはきょうで雨もぽつぽつ。
底冷えとまではいきませんが、じわじわと足元から冷たさが上ってきます。







a0114714_23193965.jpg

本堂でのお参りを済ませ、背中でお勤めのお経を聞きながら…
(ほんとうは終わるまで手を合わせていた方が良かったのでしょうが、
静かなうちに撮りたいという煩悩に勝てず…)
宸殿から眺める有清園
いつも思いますが、四季折々に美しいところです。







a0114714_23194668.jpg

有清園を別角度から








a0114714_23195510.jpg

きょうは地蔵菩薩を左から
紅葉をバックに







a0114714_2320133.jpg

往生極楽院の側から宸殿を振り返ってみる。
このアングルも好きですね。
毎回同じところばかりで、ほんとに何の進歩もなく…
ま、いいか、と。







a0114714_2320668.jpg

わらべ地蔵も毎回の出演
いつもと変わらず同じに見えますが、試しに全部並べてみると、
やはりそれぞれで表情も変わり、見ていると面白いものです。







a0114714_23201248.jpg

肩を寄せ合って…
お地蔵様も恋しい季節かも。







a0114714_23201747.jpg

池越しの往生極楽院
池に映る風景も秋色。







a0114714_23202238.jpg

降っては止み 降っては止み。
どうも私は雨女のようです。
今年のうちにもう一度来れて、本当に良かったです。

次は宝泉院へと続きます。
[PR]
by machizuki09 | 2012-11-15 23:54 | 三千院(大原辺り)

紅葉 - 楊谷寺(ようこくじ)

a0114714_2126928.jpg

もう1週間前になりますが、長岡京市にある楊谷寺へ行って来ました。
紅葉で有名な粟生の光明寺、大原野の善峰寺、そしてこの柳谷観音楊谷寺を西山三山といいます。
梅雨時にはたくさんのアジサイが本堂を包むようですが、この時期 そろそろと紅葉し始めていました。








a0114714_21261211.jpg

日が短いので午後3時頃になると、どんどん日が傾いてきて焦ります。
夕暮れ近く 最後の輝き。








a0114714_2126217.jpg

なんとな~く味のあるお顔







a0114714_2126235.jpg

<2012.11.6>
[PR]
by machizuki09 | 2012-11-13 10:28 | 楊谷寺

秋の気配

a0114714_17521765.jpg

京都府南丹市、美山のかやぶきの里へ行って来ました。
青い杉の木立に囲まれた集落にも、秋の気配が感じられました。
少し前まで蕎麦の花で真っ白だったろう畑も、今はすっかり刈り取られていました。
昔ながらの赤い円柱形のポストが村の玄関に。
まるで出迎えてくれてるようで嬉しく思えたりして。







a0114714_17525086.jpg

雲の多いお天気だったのに、どんどん晴れだして、いつの間にやら青空。
かやぶきの屋根とススキ。
文句なく日本の秋の風景。







a0114714_17523478.jpg

お地蔵さまも村の玄関に。
これまたホッ。








a0114714_17531716.jpg

秋桜も終盤。
それでも秋の日差しを浴びてイキイキと背を伸ばしていました。







a0114714_1753047.jpg

どちらへお出かけですか?







a0114714_17533212.jpg

用水路にかけてある板にさえ心引かれてしまいます。
村にあるすべてのもが大切にされているのが、要所要所から伝わってきます。
この村の心地よさは、そんなところにあるのかもしれません。








a0114714_17531311.jpg

カメラよりスケッチブック片手に散策する方がお似合いの場所かもしれません。







a0114714_17534535.jpg

雲の合間から射す光が、帯のように山を照らしていました。

<2012.10.31>
[PR]
by machizuki09 | 2012-11-01 21:22 | 美山の里
line

The key to success is starting and not stopping.わかっちゃいるけどそれがなかなか難しい…


by machizuki09
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite