一年365日 京日和 Ⅱ

yoimachi09.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

秋色 - 紫明通

a0114714_19222458.jpg

紫明通(しめい通り)という道路の真ん中を流れる小川です。
琵琶湖疏水から水をくみ上げて通し、この先の堀川に注いでいます。
堀川の流れを取り戻すために、今年の4月に出来上がったばかりです。
車で通ってはいても、こうして見るのは私も初めてです。
ケヤキの並木かな??
少しづつ色づいていました。




a0114714_19223229.jpg

こちらはイチョウ並木。
ずいぶん黄色くなってきました。
遠くに見える山は比叡山です。
[PR]
by machizuki09 | 2009-10-23 19:22 | その他

秋明菊 - 善峯寺(よしみねでら)

a0114714_2348554.jpg

長岡京市の光明寺と柳谷観音楊谷寺(やなぎだにかんのんようこくじ)、
そして大原野の善峯寺を京都西山三山といいます。
西国三十三所観音霊場の二十番札所になっていて、ご本尊は十一面千手観音菩薩です。
開祖は源算上人ですが、応仁の乱で焼失した寺を再興したのは、
徳川五代将軍綱吉の生母、桂昌院の寄進によるものです。

車で行くなら寺のすぐ脇に着けるので楽ですが、バスだと上まで上ってくれないので大変です。
すごい急勾配の山道。
つんのめりそうな前傾姿勢で歩かないと、背中から転げ落ちてしまいそうです。
寺までのアクセスを調べていて、冬季はひとつ手前のバス亭までしか行かない理由がわかりました。
行かないというより、あれは行けないわ。
ムリよ、ムリムリ。
寺巡りも体力勝負だわ。。。。
って、私が体力なさ過ぎなのかもしれませんけど。





a0114714_2264538.jpg

秋明菊が綺麗だと聞いたので行きましたが、1週間ほど遅かったようです。
ずいぶん乱れてました。






a0114714_2265422.jpg







a0114714_227361.jpg

広い境内は3万坪あるそうです。
どこもかしこも坂と階段。
それでも、かなり年配の方が杖を片手にスタスタ歩いてられるのを見ると、いろいろと反省させられます。
人間、足腰が丈夫やないとあかんね。






a0114714_2271314.jpg

少し色づいてきています。
以前来たのが11月の半ば。(2006.秋の様子はこちらへ
それでも真っ赤という感じではありませんでしたから、見頃は11月下旬でしょうか。






a0114714_2272992.jpg

[PR]
by machizuki09 | 2009-10-19 22:36 | 善峯寺

お月さま

a0114714_21433369.jpg

秋の日はつるべ落としとはよく言ったものですね。
夕飯前にウォーキングに出掛けたら、ズンズン日が暮れて…
ふと東の空を見ると、びっくりするくらい大きなお月さま!
まさに「お月さま」という呼び方がぴったりな立派な月でした。
「低い位置にある月はどうしてあんなに大きく見えるの?」
「それは建物とか、比べるものがあるからだよ」
なんて言うけれど、あの大きなお月さまを見たら、そんなの嘘だ!と言いたくなってしまう。
いつもは指でつまめるくらいの大きさなのに、きょうのは両腕で抱えても余るほどだったもの。
飛ぶように帰ってカメラをつかんで近所の公園へ。
すごく低い位置だったので、家並みも一緒に写せればいいなぁと思ったけど、
とっぷり日は暮れて、あたりは真っ暗。
けっきょく昨日と同じような絵になってしまいましたとさ。がっかり。
[PR]
by machizuki09 | 2009-10-04 22:00 | その他

中秋の名月 

a0114714_2394812.jpg


10月9日 NASAは月での氷の存在を確認するために、
月面衝突探査機「エルクロス」を、月南極にあるクレーターに衝突させる実験をするそうです。
氷があれば衝突の熱で水蒸気があがると予測され、世界中の天文台が一斉に観測するとか。
もし氷が存在するなら、月での有人探査を行う上で貴重な水資源となるそうで…
それにしてもやり方が、なんとも荒っぽくて夢がないですね。

中秋の名月
あなたはどこで誰とご覧になりましたか?
[PR]
by machizuki09 | 2009-10-03 23:17 | その他

秋の気配 - 美山町 かやぶきの里 3

a0114714_21182398.jpg

同じような写真ですみません。
とにかく楽しくて、嬉しくて、新鮮で、パシャパシャ撮ってしまったもので…
でもきょうで終わりですから。






a0114714_21183087.jpg

こちらは美山民俗資料館です。
平成12年に火災で焼失したそうですが、その後 二百年前の姿を忠実に再現、復元されたそうです。
公開されていますが、朝が早すぎたのでまだ開館してませんでした。




a0114714_2118368.jpg

かやぶき交流館の「彩花」さん。
お部屋から美山の風景が楽しめるカフェ&ギャラリーになっているようです。
こちらも10時開店で、当方あえなく撃沈。
あと、お蕎麦屋さんもパン屋さんも当然ダメでした。




a0114714_21185634.jpg

オオケタデが雨に濡れて、とっても綺麗でした。
地味だけど好きな花です。





a0114714_2119240.jpg


おまけ
[PR]
by machizuki09 | 2009-10-02 22:02 | 美山の里

秋の気配 - 美山町 かやぶきの里 2

a0114714_19545564.jpg

「道」のある風景を切り取るのが好きです。
こういう風景に出会うと、道の向こうに暮らしがあることが実感出来て、
そこに暖かいものを感じてしまうからかもしれません。




a0114714_1955231.jpg

取水栓だったかな?
あちこちの鉄蓋が赤く塗られていて、なんだかそれが可愛く見えました。






a0114714_19561794.jpg

昔はどこにでもあった円柱形の郵便ポスト。
「昔は青色のポストもあったなぁ」とだんなに聞くと、「知らん」という返事。
あ、ありましたよね??




a0114714_19563287.jpg

村の中を用水路が走っています。
用水路なんて、私には非日常なんですけど、これも道と同じで、
ここに住む人達の暮らしに繋がってるかと思うと、なぜか気持ちが和んでしまいます。





a0114714_19551585.jpg

この集落は平成5年に、重要伝統的建造物郡保存地区に指定されたそうです。
清水寺に続く産寧坂や祇園新橋辺りと同じです。
人が生活するうえで、どうしても出てしまう「負」の部分が一つとして見当たりませんでした。
この村をとても誇りに思ってらっしゃるんでしょうね。






a0114714_20333982.jpg

この葉っぱは里芋とか…芋類ですよね?
何もかもが絵になってしまうから不思議な村です。






a0114714_1957367.jpg

彼岸花はもう終わりに近づいていました。
[PR]
by machizuki09 | 2009-10-01 20:39 | 美山の里
line

The key to success is starting and not stopping.わかっちゃいるけどそれがなかなか難しい…


by machizuki09
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite