一年365日 京日和 Ⅱ

yoimachi09.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:天龍寺( 4 )

新緑とか石楠花とか ― 天龍寺

a0114714_2125278.jpg

新緑が目に眩しい季節になってきました。
雨の天気予報が外れてくれ、青空まで広がりました。
久しぶりの天龍寺です。
桜が終わり、GWまでもう少しというところで人は少なめ。
ようやく芽吹いたばかりの緑も、まだ黄色味を残しています。





a0114714_21245595.jpg

この前に来たのが雪のときで、完全なモノクロの世界でした。
こうやって四季折々の色を眺めるのが、最近の私の楽しみのひとつです。








a0114714_21254215.jpg

望京の丘にある桜も新芽を出し始めたばかり。
でもすぐに、あの空を覆ってしまうのでしょう。
ところどころハナズオウの紅が。







a0114714_21251097.jpg

さつきも少しづつ割き始めています。







a0114714_21255695.jpg

平和観音の側には、たくさんの山吹。
ですが、山吹を覆ってしまうくらい、桜の葉が勢いよく伸びてきています。







a0114714_21252412.jpg

「硯石」のところにある八重桜は、今もたわわに花をつけていました。








a0114714_2126825.jpg

山の斜面に黒くニョキニョキと突き出ているのは竹。
その合間、合間に石楠花が可憐な花を咲かせていました。







a0114714_21253699.jpg

天龍寺って、とても植物の種類の多いところなんですね。
一日中 見ていても飽きないくらい。
それにしても、最近 石楠花が好きで…
三千院の石楠花も綺麗なんですよね。^^






a0114714_21262232.jpg








a0114714_2126692.jpg

次回は夏にでも。


<撮影日 2013.4.21>
[PR]
by machizuki09 | 2013-04-22 19:03 | 天龍寺

雪の中 - 天龍寺

a0114714_1651218.jpg

秋の見事なまでの紅葉は夢のまた夢?と思わずにはいられないモノクロの世界。
大方丈の広大な屋根も真っ白で、その美しいこと、美しいこと。
曹源池もこの日は墨絵のような世界を映していました。






a0114714_1651951.jpg

ほとんど色の無い世界に、鯉だけがほんの少しのアクセント。
写真手前に酸素?が噴出してくる所があるせいか、鯉もじっと動かずにいました。
小さな赤い万両も、雪に埋もれて耐えてるよう。






a0114714_165247.jpg

望京の丘から見る多宝殿
こんな天気ですから人も少なく、おまけに寒いので口数も減るのでしょう。
辺り一体 静かなものです。






a0114714_1652994.jpg

東の空にお日様が昇っているのに、厚い雪雲に覆われて、かすかに丸い輪郭を見せるのみです。







a0114714_1653450.jpg

平和観音もこころなしか寒そうで、桜の咲く頃を心待ちにしておられるような…
ほんとに大寒い、寒い。





a0114714_1653962.jpg

大方丈の前から小方丈の方を。






a0114714_1665463.jpg

天龍寺を出た後は竹やぶの径を歩き、野々宮神社を右手に通り過ぎつつ、
天龍寺を半周するようなかっこうで、御髪神社の池を左手に見ながら、もう少し歩くと常寂光寺。

明日は常寂光寺へと続きます。
[PR]
by machizuki09 | 2011-01-17 16:51 | 天龍寺

紅葉 - 天龍寺

a0114714_1728618.jpg

お寺廻りは早朝に限ると思っているのですが、拝観時間が9時というところが多くて悩みます。
そこへいくと天龍寺はこの時期、早朝拝観を行なっているので、次のお寺へ行くまでに撮ることが出来て助かります。
きょうは良いお天気に恵まれ、天龍寺大方丈前の曹源池庭園は、池周りの紅葉を見事に映し出していました。








a0114714_17281185.jpg

あまりに静かなので、鯉がいることさえ気が付かず…
じっと一所に集まって、格好の被写体になっていました。







a0114714_17281844.jpg

望京の丘から庫裏を。
境内、どこもかしこも見頃真っ盛り。
陽の光を透かして見る紅葉は宝石のようです。







a0114714_17282976.jpg

大方丈から額縁のように池を眺めるのもいいのですが、いい場所は大型のカメラが陣取っていたので、
きょうは上がらずに下から。
まだ嵐山には、わずかに霞がかかっていました。
朝日を受けて眩しいです。







a0114714_17283463.jpg








a0114714_185955.jpg

蓮池の側の紅葉が見事でした。
ここはパーキングになっているのですが、こういう何でもない処に限って綺麗な紅葉が見られたりします。
お寺の隣の家の紅葉とか、トイレ側とかね(苦笑)







a0114714_17284494.jpg

左:御髪神社そばの池にて。 カモが水中にもぐる度に、美しい波紋を広げていました。
右:天龍寺塔頭 松巖寺 ブロワーで落ち葉のお掃除中でした。
  






a0114714_17285037.jpg

竹の小径
天龍寺を後にして、次は常寂光寺へと向かいます。

明日は常寂光寺へと続きます。
[PR]
by machizuki09 | 2010-11-25 20:24 | 天龍寺

しだれ桜 - 天龍寺

a0114714_21124913.jpg

天龍寺は、1337年吉野で亡くなった後醍醐天皇の菩提を弔うために、
足利尊氏が夢窓国師を開山として創建したお寺です。
しかし今までに八回も大火に遭い、多くのお堂は明治時代の再建です。
ただ夢窓国師が手がけた曹源池を中心とした庭園だけは昔のまま残っています。

ポスターなどでよく使われる構図。
しだれ桜が満開でした。
これで青空が広がってくれたら言うことなかったんですけどね。





a0114714_21125819.jpg







a0114714_21131255.jpg

望郷の丘に咲いてる桜はカメラマンの人気の的。
なかなか豪華な枝垂れ具合でした。





a0114714_21131959.jpg

平和観音
国師は常に観音菩薩を信仰し念持佛としたようです。





a0114714_21132720.jpg

曹源池
同じ池でも、秋の色とは全然違うもんですね。
昨年の秋の曹源池の様子はこちら




a0114714_21133694.jpg

特に百花苑ではミツバツツジがたくさん咲いてました。
[PR]
by machizuki09 | 2009-04-06 21:13 | 天龍寺
line

The key to success is starting and not stopping.わかっちゃいるけどそれがなかなか難しい…


by machizuki09
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite