一年365日 京日和 Ⅱ

yoimachi09.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:美山の里( 4 )

秋の気配

a0114714_17521765.jpg

京都府南丹市、美山のかやぶきの里へ行って来ました。
青い杉の木立に囲まれた集落にも、秋の気配が感じられました。
少し前まで蕎麦の花で真っ白だったろう畑も、今はすっかり刈り取られていました。
昔ながらの赤い円柱形のポストが村の玄関に。
まるで出迎えてくれてるようで嬉しく思えたりして。







a0114714_17525086.jpg

雲の多いお天気だったのに、どんどん晴れだして、いつの間にやら青空。
かやぶきの屋根とススキ。
文句なく日本の秋の風景。







a0114714_17523478.jpg

お地蔵さまも村の玄関に。
これまたホッ。








a0114714_17531716.jpg

秋桜も終盤。
それでも秋の日差しを浴びてイキイキと背を伸ばしていました。







a0114714_1753047.jpg

どちらへお出かけですか?







a0114714_17533212.jpg

用水路にかけてある板にさえ心引かれてしまいます。
村にあるすべてのもが大切にされているのが、要所要所から伝わってきます。
この村の心地よさは、そんなところにあるのかもしれません。








a0114714_17531311.jpg

カメラよりスケッチブック片手に散策する方がお似合いの場所かもしれません。







a0114714_17534535.jpg

雲の合間から射す光が、帯のように山を照らしていました。

<2012.10.31>
[PR]
by machizuki09 | 2012-11-01 21:22 | 美山の里

秋の気配 - 美山町 かやぶきの里 3

a0114714_21182398.jpg

同じような写真ですみません。
とにかく楽しくて、嬉しくて、新鮮で、パシャパシャ撮ってしまったもので…
でもきょうで終わりですから。






a0114714_21183087.jpg

こちらは美山民俗資料館です。
平成12年に火災で焼失したそうですが、その後 二百年前の姿を忠実に再現、復元されたそうです。
公開されていますが、朝が早すぎたのでまだ開館してませんでした。




a0114714_2118368.jpg

かやぶき交流館の「彩花」さん。
お部屋から美山の風景が楽しめるカフェ&ギャラリーになっているようです。
こちらも10時開店で、当方あえなく撃沈。
あと、お蕎麦屋さんもパン屋さんも当然ダメでした。




a0114714_21185634.jpg

オオケタデが雨に濡れて、とっても綺麗でした。
地味だけど好きな花です。





a0114714_2119240.jpg


おまけ
[PR]
by machizuki09 | 2009-10-02 22:02 | 美山の里

秋の気配 - 美山町 かやぶきの里 2

a0114714_19545564.jpg

「道」のある風景を切り取るのが好きです。
こういう風景に出会うと、道の向こうに暮らしがあることが実感出来て、
そこに暖かいものを感じてしまうからかもしれません。




a0114714_1955231.jpg

取水栓だったかな?
あちこちの鉄蓋が赤く塗られていて、なんだかそれが可愛く見えました。






a0114714_19561794.jpg

昔はどこにでもあった円柱形の郵便ポスト。
「昔は青色のポストもあったなぁ」とだんなに聞くと、「知らん」という返事。
あ、ありましたよね??




a0114714_19563287.jpg

村の中を用水路が走っています。
用水路なんて、私には非日常なんですけど、これも道と同じで、
ここに住む人達の暮らしに繋がってるかと思うと、なぜか気持ちが和んでしまいます。





a0114714_19551585.jpg

この集落は平成5年に、重要伝統的建造物郡保存地区に指定されたそうです。
清水寺に続く産寧坂や祇園新橋辺りと同じです。
人が生活するうえで、どうしても出てしまう「負」の部分が一つとして見当たりませんでした。
この村をとても誇りに思ってらっしゃるんでしょうね。






a0114714_20333982.jpg

この葉っぱは里芋とか…芋類ですよね?
何もかもが絵になってしまうから不思議な村です。






a0114714_1957367.jpg

彼岸花はもう終わりに近づいていました。
[PR]
by machizuki09 | 2009-10-01 20:39 | 美山の里

秋の気配 - 美山町 かやぶきの里 1

a0114714_17564582.jpg

京都府南丹市美山町にある、かやぶきの里に行って来ました。
50軒ばかりの小さな集落です。
どこを見ても原田泰治さんが描くような、日本の原風景が広がっていました。

昨夜からしょぼしょぼ降っていた雨も夜中から本降りになって、
こんな日に行くのはどうなの?って感じでしたが、
北山杉の合間を流れる霧がとても美しい風景を見せてくれて、行った甲斐がありました。





a0114714_17233442.jpg

小さくな蕎麦の花が一面に広がっていました。






a0114714_1728456.jpg

雨粒をいっぱいためたコスモスは、透明感があってとても綺麗。
まだ朝早い時間。
人を歩く人もまばら。
雨のせいでしょうか。






a0114714_1728106.jpg

あちこちに咲くコスモスが、集落のいいアクセントになってました。






a0114714_17573583.jpg

こんな標識のある風景も生活感があって好きです。






a0114714_180164.jpg

辻にあるお地蔵様。
なかなか大きな祠で立派です。
[PR]
by machizuki09 | 2009-09-30 20:21 | 美山の里
line

The key to success is starting and not stopping.わかっちゃいるけどそれがなかなか難しい…


by machizuki09
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite