一年365日 京日和 Ⅱ

yoimachi09.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:宝泉院( 6 )

春色 - 宝泉院

a0114714_1813145.jpg

UPするのを、す~~~~っかり忘れてました!
三千院をUPして、それで終わった気がして…
先日、写真のフォルダーを見て「えっ?」なんて、思い出したりして。

宝泉院へも石楠花目当でおじゃましました。
存在感のある五葉の松の後ろが華やかです。





a0114714_1814825.jpg

翠がまぶしいですね。






a0114714_1815544.jpg

ミツマタも満開、満開。






a0114714_182619.jpg

桜もなんとか持ちこたえてくれてて、いい絵になりました。







a0114714_1822044.jpg

やわらかく 透明感があって…






a0114714_1823267.jpg

「法然上人 衣掛けの石」あたりも綺麗に…






a0114714_182388.jpg

五葉の松も上を見ると、こんもりと可愛らしくもあり。


<2016.4.15>
[PR]
by machizuki09 | 2016-06-01 18:18 | 宝泉院

冬色 - 宝泉院

a0114714_23191762.jpg

残念なことと言うのは、こういうことでした。
五葉の松の剪定作業の真っ最中。
紅葉が終わって、新年を迎える前に手入れをということだったのでしょうね。
それにしても、三千院といい、宝泉院といい、ちょっとため息混じりの一日になりました。






a0114714_23193145.jpg

いくつものはしこ。
そりゃこれだけの松ですから、何日もかかるのでしょうね。






a0114714_23194448.jpg

あまりじっくり見たことがなかったですが、とても繊細な枝ぶりなんですね。






a0114714_23195153.jpg

これはこれで思い出になりました。ふぅ。。。






a0114714_23201220.jpg

あまり作業風景が入らない角度で…






a0114714_23201796.jpg







a0114714_2320272.jpg

雪が降る頃にもう一度来たいなぁと思いながら、宝泉院を後にしました。

(2014.11.13)
[PR]
by machizuki09 | 2014-12-23 23:40 | 宝泉院

紅葉 - 宝泉院

a0114714_22514878.jpg

初めて宝泉院におじゃましたのが8年前の秋口でした。
雨でしっとりぬれて、そのお庭の美しかったこと。それ以来、機会があるとおじゃまするお寺です。
今回、やっと念願叶って宝泉院の紅葉を見ることが出来ました。
三千院同様、朝のお勤めのお経が唱えられるなか、シャッター音を響かせるのはためらわれたのですが…
何本もの柱間に見る色付いたお庭、ほんとに芸術ですね。
美しいのひとことです。








a0114714_22521112.jpg

けっこうな雨脚だったので、光輝く紅葉とはいきませんが、ずっとずっと見たかった景色です。








a0114714_225216.jpg

圧倒的存在感のある五葉の松ともみじのコラボ。
ここから見る景色は絶景です。







a0114714_22522571.jpg

朝からたくさんの方が総出でお掃除。
そうやって、お庭が守られるのですね。







a0114714_22521856.jpg

この日は時間的に余裕がなく、三千院も飛ぶように出て来ましたが、ここに居たのもほんのわずか。
お部屋のあちこちに座り直し、ほんとに立ち去り難く…








a0114714_22524098.jpg

五葉の松も外から見ると、意外と思うほどこんもりと茂っています。

<2012.11.15 降ったり止んだり>

 
[PR]
by machizuki09 | 2012-11-17 14:36 | 宝泉院

桜とか石楠花とか -  宝泉院

a0114714_19364650.jpg

市内中心部よりも若干季節が遅い大原。
きょうの宝泉院は桜や石楠花が咲き、新緑が眩いばかりに光輝いていました。
今シーズンはそんなに多くの桜を追いかけられませんでしたが、最後にして最高のお庭に出会うことが出来ました。







a0114714_1937313.jpg

庭のそこここに石楠花が咲き、とても華やかで春らしい眺めです。
眺めても眺めても眺め足りない…そんな感じにさせてくれます。
桜のシーズンも一段落したせいか、それとも大震災の影響なのか、どなたもおられず静かなものです。







a0114714_19375520.jpg

昨日から降り続いた雨で、少し重たげな八重桜。
屋根の上に少しの花びらを落として。






a0114714_193833.jpg

つくばいの回りにはミツマタが咲いていました。






a0114714_19381949.jpg

門をくぐって、外から眺めた五葉の松。
こんもりときれいに手入れされています。
青空も広がりだして、このまま晴れるのかと思いきや、この後 雨が降ったり止んだりの天気になりました。







a0114714_19382710.jpg

宝泉院の南側にある宝楽園から、後ろ姿の五葉の松を見上げてみました。






a0114714_19395169.jpg

何度も帰りかけては引き返し…
盤桓園 ( ばんかんえん/ 立ち去りがたい意 ) のとおり、いつまでもいつまでも見ていたいお庭でした。






a0114714_19395854.jpg

[PR]
by machizuki09 | 2011-04-28 20:37 | 宝泉院

初秋 - 宝泉院

a0114714_19372888.jpg

前回 雪が降った日にお邪魔したのが今年の2月ですから、かれこれ8ヶ月ぶりの宝泉院です。
たくさんの方が来られるようになって、少し敬遠していたのですが、
きょうは人も少なくて、静かな秋の午後を過ごすことが出来ました。
日が少し傾き、毛氈に光がこぼれる様子は、とても綺麗でした。






a0114714_19373473.jpg

五葉の松はいつもながら堂々した風格で、生命力に溢れていました。
こんな立派な松を持つお庭は、そうないですね。






a0114714_19373940.jpg

片方に五葉の松
もう一遍は竹林
なかなか対照的な絵が見られます。
それぞれ好きな絵に向きあって戴くお茶は、なかなかの贅沢です。





a0114714_19374565.jpg

- 不幸はすぐにわかる。 でも幸せは失くしてからでないと気づかない -

だったかな??
おトイレの中に張り紙がしてありました。^^
確かにその通りですね。






a0114714_19375625.jpg

鶴亀庭園
本来は向こうに見える客殿の窓から、格子越しに眺めるのだそうですが…
光の加減がこちらの方が好きだったので。
少しだけ葉の色が色づいてきたでしょうか。





a0114714_1938492.jpg

まだ一度も紅葉の宝泉院を尋ねたことがないので、この秋こそは!と思っているのですが…。
最近は拝観マナーが悪く、カメラ禁止になったりしていたので、そのあたりも気になるところです。
[PR]
by machizuki09 | 2010-10-19 20:29 | 宝泉院

雪の宝泉院

a0114714_17564087.jpg

4年もblogを続けてきて、雪景色を撮ったのはこれで3度目。
ちらちら舞う雪の中、京都バスに揺られて高野から八瀬、そして大原へ。
北へ行くにしたがって、目に見えて積雪量が増えていきます。
枯れた木々の枝、一本一本細部にいたるまで積もった雪。
茶色く殺風景で平坦だった山々が、キラキラと別世界のように輝やいて見えました。







a0114714_1757193.jpg

五葉の松がある南側だけは、ガラス戸がはめられていましたが、西側はそのまま。
雪が吹き込んでくるほどではなかったからでしょうか。
あまりの美しさと静寂さに感動して、寒いのもすっかり忘れていました。







a0114714_1758119.jpg







a0114714_17571432.jpg

平安初期、円仁が唐から修学して持ち帰ったとされる仏教音楽の声明。
勝林院が声明の根本道場で、宝泉院はその僧の坊として建てられました。






a0114714_17582510.jpg

いつもは待ち遠しい春なのに、今年はもう少し冬のままで…なんて思ったりしています。






a0114714_1757258.jpg


良かったら昨年の初夏の宝泉院と合わせてご覧下さい
[PR]
by machizuki09 | 2009-02-19 20:23 | 宝泉院
line

The key to success is starting and not stopping.わかっちゃいるけどそれがなかなか難しい…


by machizuki09
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite