一年365日 京日和 Ⅱ

yoimachi09.exblog.jp ブログトップ

梅雨色 - 清水寺

a0114714_18185897.jpg

梅雨なんですけど、撮影した頃は本当に雨が降りませでした。

久しぶりの清水寺です。
ただいま平成の大改修の真っ最中。
平成20年から始まり、工期は11年間だそうです。
三重搭も生まれかわったばかりで、朱の色が目にも鮮やかでした。






a0114714_1819266.jpg

子安搭も、青葉のなか綺麗な姿を見せてくれています。
長いあいだ覆いがかかっていたので、本当に久しぶりに見た気がします。






a0114714_181979.jpg

もう真夏な感じですね。






a0114714_1819142.jpg

緑の上に浮かぶように清水の舞台
ほんとにたくさんの修学旅行生と、海外からのお客さんで賑わっていました。
おまけに着物姿の外国人が多いこと!驚きました。

この舞台は最後に改修される予定だそうで、そうなるとかなり月日がかかるでしょうし、
そのあいだは観光客も減るかもしれませんね。






a0114714_18191981.jpg

新しくなった姿を想像すると、やはりちょっと楽しみです。






a0114714_003890.jpg

奥の院はご覧のとおり幌がかぶっていました。
その側に紫陽花。
季節がやっと分かる一枚です。






a0114714_18192414.jpg

色々な翠の向こうに本堂






a0114714_18193185.jpg


<2016.6.2>
[PR]
# by machizuki09 | 2016-06-28 00:06 | 清水寺辺り

梅雨色 - 南禅寺

a0114714_22472645.jpg

平安神宮から南禅寺へ
緑が眩し過ぎ。
久しぶりに見る三門を通した風景。





a0114714_22473792.jpg

三門越しに、たくさんの季節を見てきた気がします。
この季節が1番!とは、なかなか言えませんが。
それぞれに…ですね。






a0114714_2247508.jpg

法堂まで伸びる参道を、三門から見下ろすのが好きです。






a0114714_22475889.jpg

気のせいではないと思いますが、少しばかり木を伐採されたのでしょうか。
少し見通しが良くなったような気がします。
後で下を歩いて見ると、もみじや杉の若木が育っていました。
何十年かしたら、また少し違う色の風景に出会うのかもしれませんね。
気の長い話ですが…






a0114714_2248662.jpg

こちらは天授庵
今年の夏はかつてない暑さだそうですが、それに負けず、
秋には、あの素晴らしい紅葉を見せてくれるでしょうか?
と、気の早い話ですみません。





a0114714_22481674.jpg

嗚呼!爽快!爽快!





a0114714_22482533.jpg

水路閣をバックに。





a0114714_22483235.jpg

帰り道、気持ちを静めたくて寄った美術館裏
実は南禅寺で携帯が鳴り、その話にイライラ。。。

鴨が翠の色の中を睦まじく…





a0114714_22483983.jpg

ツマラナイ毎日も、それなりに美しく私の人生の色となるのでしょうか…

<2016.6.1>
[PR]
# by machizuki09 | 2016-06-26 15:31 | 南禅寺

梅雨色 - 平安神宮

a0114714_13315814.jpg

UPが遅くて時節が合いませんが…
6月1日に平安神宮へ行ったときのもので、神苑は花菖蒲が盛りでした。






a0114714_1332443.jpg

白虎池
すっと伸びる姿は、暑い季節に清々しさを感じさせてくれます。






a0114714_13321027.jpg

綺麗に鑑賞できるのも、こうしたお手入れあってこそ、ですね。






a0114714_13321656.jpg

生育が良さそうですね。
たくさんの葉を間引かれていました。






a0114714_13322844.jpg

人ひとり立つのがちょうどの飛び石、この臥龍橋を次から次に修学旅行生が渡って行きます。
「押すなよ!!ぜってぇー 押すなよ!!!」と、女子の声。
にぎやかなものです。

なかなか暑い日で、石の椅子?で一服していたのですが、
腰掛けたところが、ちょうどお尻に合わせたように丸みがあって、座り心地の良いこと!
皆が腰掛けているうちに、こんな石でも徐々に削れていくのかしらん?と思っていたら、
いつか聞いた「劫 - こう」の話を思い出しました。

「劫」とは、インドでとてつもなく長い時間を表す単位だそうで、
一辺が数キロメートルもある巨大な立方体の石があるとし、
百年に一度天女が舞い降りてきて、その薄くて柔らかな羽衣で、サラッとなでるとします。
このペースでその巨大な石が、すり減って無くなるくらいの時間が「1劫」なのだそうです。

大乗仏教の経典、観無量寿経によると、衆生はその能力や素質や行いによって、
上品上生(じょうぼんじょうしょう)、上品中生…下品下生の9種類に分類されるのだそうです。
1番良い上品上生の人は、臨終にさいして、阿弥陀如来が大勢の供を従えてお迎えに来ることになっていて、
しかも瞬時に極楽に往生させてくれるのだそうです。

しかし下になるにつれて、阿弥陀如来のお迎えは寂しいものになり、
往生させてくれるまでの時間も、どんどん長くなるのだそうです。

悪逆の限りをつくした下品下生の人になると、日輪の形をした蓮華だけがお迎えにきて、
極楽に往生出来るのは、それから12劫もたってから、とのお話です。

極悪人でも、果てしない時間の果てに極楽へ行けるのだから、
阿弥陀様に感謝しなければいけないのかもしれませんが、12劫ですよ!12劫!
蓮華の台に座って12劫!
それ自体、かなりの拷問のような気もしますが…

この話を聞いたとき、とても自分は瞬時に極楽へは連れて行ってもらえそうにないので、
あの世に旅立つ時は、お棺の中に座り心地の良い座布団を入れてもらおう!と思ったのでした。

ちなみに落語「寿限無」に出てくる「五劫のすりきれ」の「劫」は、このことだそうですよ。

話が反れました。^^;





a0114714_13323390.jpg







a0114714_13324176.jpg

尚美館では挙式を上げる花嫁花婿さんを、親族の方が待っていらっしゃいました。





a0114714_13324640.jpg

おしあわせに。

(2016.6.1)
[PR]
# by machizuki09 | 2016-06-25 15:53 | 平安神宮
line

The key to success is starting and not stopping.わかっちゃいるけどそれがなかなか難しい…


by machizuki09
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite